住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

主要記事
住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

新築マンションを購入する注意点はコスト

新築マンションを購入する注意点としてはコストの問題があると言えます。ここはローンとは別にコストがかかってくるということを考えるべきでしょう。まず固定資産税というものは不動産を所有するとかかってくるということは誰でも知っていることです。しかし一戸建てと違ってマンションの場合はその固定資産税が年々下がってくるということはない場合が多いです。それはマンション自体の価値を下げないように修繕したりしますので、固定資産税が下がらないということがあります。

それだけ価値自体は下がらないとポジティブな見方をすることもできます。売却するには戸建てよりもマンションの方が若干有利であると考えて問題ありません。後は共用費や管理費というコストが新築マンションの場合は必要になってきます。その他に年々必要なのが修繕積立金です。これは建て替えや文字通り修繕費に利用される費用で、マンション全体で均等に負担されるコストであると言って良いでしょう。最初は新築マンションということで満員で負担が少なくて済むということになるでしょうが、月日が経過して老朽化してくると、修繕しないといけないということや負担する人が減ってくるという理由から年々そのコストが高くなっていく場合が多いです。入居者が減るということはコストの問題にもなってくるということなのです。

その他の記事