住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

主要記事
住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

住まいの新築は仕様や見積書を書面で詳しく出してもらいます。

住まいを新築する場合施主と施工主との間に様々なトラブルがおきる可能性があります。それらを回避するためやっておきたいこともたくさんあります。例えば、建築材料等を何をどれだけ使用するかについてもこちらの希望を言ったつもりでも施工主の方には伝わってない、或いは伝言ゲームのように間違って伝わっていたなどということがあるからです。それらを避けるために口約束だけではなくて、ちゃんと書面で交わすのが理想です。もちろん氏名、捺印付きでです。そうしておけばあとで何かあった場合に、言った、言わないのトラブルを回避することができます。

それと見積書の詳細も大事です。会社によっては一式表示しかだしてくれないところがあるようですが、これでは何にいくらかかるかが皆目わかりません。こちらの希望の項目を伝えていてもそれが別途費用ということも有り得るのです。これらの打ち合わせ記録書や見積書の提出がちゃんとなされているかどうかでそのハウスメーカーの良し悪しが判断できることにもなります。

住まいの新築は大きな買い物です。いろんな人間もかかわらなければできあがりません。こと細かに詳細を把握しておかなければいろんなトラブルが生じて当たり前です。物事は最初が肝心なのです。

その他の記事