住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

主要記事
住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

新築一戸建てを購入した理由とは

私はマイホームを購入する際には、新築一戸建てが欲しいと考えていました。管理費や修繕積立金、駐車場代金がかかるのでマンションを購入したいとは思っていなかったのですが、中古一戸建てと新築一戸建てのどちらを購入するかは悩みました。中古一戸建ての魅力はやはり価格です。特に木造の一戸建物件は築年数が30年ほど経過をしている物件の場合は、建物はほとんど評価をされないために土地代のみで一戸建てを購入できるメリットがあります。しかし私がマイホームとして購入したのは新築一戸建ての物件でした。

なぜならば、建物の建材は年々進化をしています。20年前の一戸建てと今の新築一戸建では、同じような価格で家を建てても、性能が今の方が格段に上なのです。また中古一戸建ての場合は管理状態がどのようなものであったか不明です。建築の仕事に関わっている人であれば、古くても良い建物を見分けることができるかもしれませんが、素人の私では大きな瑕疵のある建物でも気がつくことは難しいと考えました。最悪の場合は解体をして立て直すことになりますが、その場合は数百万円の解体費を負担することになります。新築一戸建ての場合はこのような不安がありませんし、10年間の保証も受けることができますので、新築一戸建てを購入しました。

その他の記事