住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

主要記事
住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

新築一戸建てを建てる時にする軟弱地盤対策

21世紀に入り、東日本大震災を始めとする大地震が多発しています。さらに、南海トラフ巨大地震や首都直下型地震が切迫しているともいわれています。そのような中で、新築の一戸建て住宅を建てる時には、耐震性を重要視する人が多くなっています。現在の家は、地震に弱いといわれている木造在来工法でも、耐震強化設計が行われ、建物自体は、震度7クラスの激しい揺れに襲われても倒壊しない構造になっています。しかし、いくら建物の耐震性が高くても、建物が建つ土地の地盤が弱かったら、揺れが増幅されたり液状化が発生したりして、想定外の深刻な被害になりかねません。

それを防ぐために、ほとんどの業者で、新築住宅を建てる前に地盤調査を行います。調査では、戸建て住宅の場合はスウェーデン式サウンディング試験という方法を使うことが多いです。地盤調査の結果を解析して軟弱地盤と判断されたら、それに応じた補強工事を行います。補強工事の方法は、軟弱地盤の厚さにより変わります。比較的薄い場合は、土に穴を掘って固化剤を流し込む柱状改良という方法を用います。この方法はよく行われていて、費用は比較的少なくて済みます。一方、厚い場合は、柱状改良では不十分になりますので、費用は掛かりますが、鋼管柱を杭打ちして補強します。

その他の記事