住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

主要記事
住居を買う場合には新築分譲マンションがオススメです。

ローン融資と将来を考えた間取り及び環境負荷を考慮する住宅新築

3大都市圏のように土地代の高い地域で住宅を新築したり、購入したりする場合は失敗が許されません。中でも、自己資金に余裕がなくても金融機関が好条件で住宅ローン融資に応じてくれるので、家族のライフステージに合わせて住宅を新築するタイミングがある程度限定される中で無理をしがちです。ローン融資を受けるにあたって家計のシミュレーションを行って余裕を持って住宅の新築等に踏み切っても数十年のローン返済期間中に職を失ったり、収入が大幅に減ったりする予想外の事態が起こってローン返済計画の変更を金融機関に申し出ている人が結構いるようです。

従って、多額の資金の必要な住宅新築には資金の返済計画に最も注意が必要なのです。中でも住宅ローンの上に教育ローンやカーローンなどの融資を始めるような無計画な行動を慎まなければならないことは当然です。次に、建てようとする住宅の間取りや広さは家族の引越し等の増減を考えて間仕切りで部屋を変更可能にしたり、家族に高齢者がいれば新築する場合、エントランス始め部屋内をバリアフリー型にする必要があるわけです。また、近年は地球環境保護を意識して住宅の長寿命化を図る必要があるので、新築住宅には長期優良住宅が推奨されています。建築廃材の削減により環境負荷を減らすことが当然の時代となっているのです。

その他の記事